NAMINORIKOSHIEN

全国高等学校サーフィン選手権

全国の高校生のためのサーフコンテスト

1960年頃、駐留アメリカ人が湘南や千葉でサーフィンを始めたことが日本でのサーフィン発祥の起源と言われています。そして第一回サーフィン全国大会が1966年7月に千葉・鴨川で開催されました。それから約半世紀の間、日本のサーフィン競技史は様々な形刻まれてきました。そして2018年8月12日に記念すべき第1回全国高等学校サーフィン選手権が開催されました。2020年の東京オリンピックで「サーフィン」が正式種目になったことや、日本人で初の世界ツアー参戦を果たした五十嵐カノア選手の登場など、注目が高まっているスポーツ「サーフィン」。その高校生のサーフィン日本一を決める第2回全国高等学校サーフィン選手権を開催します。

会場は千葉・一宮町「釣ヶ崎海岸」

通称「志田下」と呼ばれ、2020年に向けて世界から注目を集めるサーフポイントにて開催いたします。サーフィンに打ち込む高校生の活躍の場所を提供するとともに、サーフィンのスポーツとしての地位確立の一助となる大会として、継続的に開催していきます。

NEWS

動画をYouTubeにアップしました。

ドローン映像を交えた動画をY …

松原渚生(明聖高校)が二連覇!

2019なみのり甲子園第2回 …

2018年大会結果報告

2018年8月12日(日)多 …

THANK YOU FOR YOUR SUPPORT!

SUPPORT US

私たちの活動に賛同し、未来ある子供たちの応援をして下さる協賛企業様を募集しています。詳細はお問合せ下さい。

  • ご協賛金の取り扱い
  • 大会HPへの掲載
  • 大会ステージにて御社社名(ロゴ)を記載
  • Tシャツに社名プリント
  • ご協賛金額
  • Aタイプ 30万円(税込)
  • Bタイプ 10万円(税込)
  • Cタイプ 5万円(税込)

CONTACT

取材、協賛、コンテストに関するお問い合わせ、ご質問は下記メール、またはメールフォームにて受け付けております。お気軽にお問い合せ下さい。

  • surfing-ichinomiya@yahoo.co.jp

大会役員

  • 名誉会長 森 英介(衆議院議員)
  • 名誉副会長 酒井 茂英(千葉県議会議員)
  • 名誉副会長 小路 正和(千葉県議会議員)
  • 大会会長 大場 謙次郎(一宮町スポーツ協会会長)

実行委員会

  • 実行委員長 蛸 操
  • 副委員長 久我 孝男
  • 副委員長 吉岡 智文
  • 委員 田中 輝治
  • 委員 秦 和範

主催

  • NPO法人 一宮町スポーツ協会

後援

  • 一宮町
  • 一宮町教育委員会
  • 一宮町観光協会
  • いすみ市
  • いすみ市体育協会
  • 千葉県スポーツ協会

協賛

  • 各社

協力(予定)

  • 一般社団法人 全日本サーフィン連盟
  • 一般社団法人 全日本学生サーフィン連盟
  • 一宮町サーフィン業組合
  • いすみ市サーフィン業組合

運営

  • なみのり甲子園実行委員会